オキスからの情報をお伝えします。

農業のリアルをお伝えします!part2

こんにちは、オカモトです。

今回は

農業のリアルをお伝えします!part2

です。

今回は、前回に引き続き(農業のリアルをお伝えします!part1

・ごぼうの収穫

・スイカ農家さんへの取材

をお伝えしたいと思います。

 

・ごぼうの収穫

Part1で一番最初にお伝えしたごぼうの収穫ですが、

前回は、初日ということもあり、写真と動画を撮れなかったので、今回は撮ってまいりました。

弊社では、農場のスタートは朝7:00です!

朝6:50頃、事務所に集まり、そこから社用車やトラック、トラクターなどにそれぞれ乗り込み、農場に向かいます!

↑トラックやトラクターなどを納めている倉庫等

先日向かったのは

約7反ぐらいの畑です!(反の広さが知りたい方はこちらの参考URL:https://komonjyo.net/mensekinotani.html

ここからが前回撮れなかった、ごぼうの収穫動画です。

まず、ごぼうの葉っぱを刈り取ります。

こういうふうにして一畝一畝ごと葉っぱを刈り取っていきます。

上図のように左が刈り取った後、右が刈り取る前です!

次は、刈り取った後の畝にごぼう収穫専用のトラクターを使ってごぼうを収穫していきます。

畝に掘り起こす機械を埋め込み、引き抜いたごぼうをチェーン?レール?みたいなもので上まで持ってきて、

ある一定の量になったら落とす仕組みです。

よくできている!

これを人の手でした場合、間違いなく腰をやります(笑)

抜けないごぼうは本当に抜けません!

そして、今度は落とされたごぼうを人の手でコンテナに積んでいきます!

最初はつらくないのですが、これを何度も何度も繰り返し行います。。

飽きるし、何度も腰を上げたり、下げたり、腰にも来ます。。。

約2時間で、コンテナ6基分(1基約300㎏、よって約1,800kg分)のごぼうを収穫しました。

そして、事務所に近くにある選別機械で選別に入ります。

選別の様子はまた今度お伝えします!

 

スイカ農家さんへの取材

先日、スイカを弊社のECサイトで取り扱いを始めたいと思い、

スイカ農家さんへ取材に行ってまいりました!

取材を行った農家さんが育てているのは

「弥五郎スイカ」

です!

鹿児島県大隅半島の曽於地区で育つ弥五郎スイカ!

※この地域には、弥五郎巨人伝説なるものがあります。こちらを参考までに:http://www005.upp.so-net.ne.jp/a-kgs/yagoro.htm

上図の一面がスイカ畑の一部です!

このような感じでスイカが成っています。

カットしたスイカがこんな感じです。

このスイカいまが旬でめちゃくちゃ甘くて、おいしいですよ!

その証拠に

カットした茎の部分から蜜のようなものが出ています!

この蜜のようなものが出たときは、旬で甘くおいしい証拠らしいです!

弥五郎スイカも何種類かあるそうなのですが、

今回撮影させて頂いたスイカは黒スイカと呼ばれる種類です。

見た目の通り、ほかのスイカより黒いです。

また、皮が非常に硬く、一般の方の身長から落としたぐらいでは、なかなか割れません!

8月いっぱいまでは、市場に流通しますが、

一番おいしいのは、7月中旬から下旬に収穫されるスイカらしいです!

という取材をしながら、農家の現実をお聞きしました。。。。

弥五郎スイカ、年々収穫量が減っているらしいです。

なぜかというと、弥五郎スイカを作ることを農家さんがやめていっているそうです。

なぜなら、儲けが少ないから。

二農家さんにお話しを聞きました。

一農家さんは現在も作られている農家さん。もう一農家は辞められた農家さん。

 

1苗で約10個ほどのスイカがとれるそうなのですが、

辞められた農家さんは、

そのまま10個スイカを作っていたそうです。

 

現在も作っている農家さんは

7つを早い時点で摘み、3個ほどしか作らないそうです。

 

前者の場合、栄養を1/10するので、それだけ一つ一つがとれる栄養が少なくなります。

後者の場合、栄養を1/3するので、前者より栄養が取れたスイカができるようになります。

味は、もちろん後者のスイカさんのほうが、おいしく甘いスイカができるそうです。

 

ここまで、聞くといい話なのですが、

市場では、前者と後者のスイカ、値段が変わらないらしいです。

 

辞められた農家さんは、

「スイカ自体の値段もそこまで高くない割に、美味しいスイカを作っても値段が変わらない。自分たちも生活がかかっているから、もっと儲けがでる作物を育てたほうがいい」

と仰っていました。

これがリアルか。。。。

お話を聞いていて、改めてそう思いました。

 

農家さんに話を聞きに行く機会も多いので、その都度農家さんのリアルも発信していきたいと思います!